ご予約・お問い合わせ 090-9940-2339

「minette」はフランス語で「子猫ちゃん」という意味です

ペットシッターminette(ミネット)は大切なペットたちを心を込めてお世話いたします

 こんなとき・・・

旅行や急な用事、怪我、病気などでペットのお世話ができない。

お散歩させたくても体調が悪くて行けない。

毎日帰宅が遅く長時間のお留守番をさせてしまっている・・・

など、お困りになった経験はありませんか?

 

ペットシッターはペットホテルとは違いペットたちをお預かりするのではなく、資格を持ったシッターがお宅に訪問してお世話をするサービスです。いつもと同じ生活環境でお留守番をするのが、ペットにとってもお客様にとっても「安心」なのではないでしょうか。

また、長期間お留守にされる場合、人の出入りがあることで防犯にもつながります。

 

  

  ≪安心して大切なペットのお世話をお任せいただけるよう信頼関係を大切にします≫

 

 ペットシッターminetteはお客様が心から安心してお任せいただけるよう、打ち合わせが重要だと考えております。

「大切なうちの子」を託すのですから、どんなことでも気兼ねなくお申し付けください。

 

 

 

***ワンちゃん、猫ちゃんの他、小動物さん(ウサギ・ハムスター・チンチラ・インコなど)のお世話も承ります***

***介護中のペットのお世話もご相談ください***


おなら

“プ~ッ” え?今の音はもしや・・・おなら!?

エルモくんのおなら、はじめてききました(笑) 自分でもびっくりしたようで、しきりにお尻の臭いをクンクンしていましたが、何とも可愛い“プ~ッ”でした。

 

ワンちゃんもおならをするんですよね。

空気を飲み込んだり、体内でガスが発生したりして、たまったガスがゲップやおならとして体の外へ出るんです。

おならのほとんどが飲み込んだ空気なのですが、胃腸にトラブルがあるとおならの回数が増えたり、臭いが変わったりします。そんな時は獣医さんに診てもらいましょう。

 

エルモくんは割と早食いなので、ご飯と一緒に空気を飲み込んでいるのだと思われますが、今後頻繁におならをするようなら、かかりつけの獣医さんに相談ですね。