ご予約・お問い合わせ 090-9940-2339

「minette」はフランス語で「子猫ちゃん」という意味です

ペットシッターminette(ミネット)は大切なペットたちを心を込めてお世話いたします

 こんなとき・・・

旅行や急な用事、怪我、病気などでペットのお世話ができない。

お散歩させたくても体調が悪くて行けない。

毎日帰宅が遅く長時間のお留守番をさせてしまっている・・・

など、お困りになった経験はありませんか?

 

ペットシッターはペットホテルとは違いペットたちをお預かりするのではなく、資格を持ったシッターがお宅に訪問してお世話をするサービスです。いつもと同じ生活環境でお留守番をするのが、ペットにとってもお客様にとっても「安心」なのではないでしょうか。

また、長期間お留守にされる場合、人の出入りがあることで防犯にもつながります。

 

  

  ≪安心して大切なペットのお世話をお任せいただけるよう信頼関係を大切にします≫

 

 ペットシッターminetteはお客様が心から安心してお任せいただけるよう、打ち合わせが重要だと考えております。

「大切なうちの子」を託すのですから、どんなことでも気兼ねなくお申し付けください。

 

 

 

***ワンちゃん、猫ちゃんの他、小動物さん(ウサギ・ハムスター・チンチラ・インコなど)のお世話も承ります***

***介護中のペットのお世話もご相談ください***


ソアホック

かりんちゃん、術後の経過もよく元気に過ごしていたのですが・・・

高齢になると次から次へと心配事が出てきます(^^;

軽度ですがうさぎさんがなりやすい足の病気「ソアホック」になってしまいました。なんだかアヒルのような黄色い足はテーピングです。

実は初めてではなく、びっくりすることはありませんでしたが、この「ソアホック」足裏の毛が抜けて皮膚が赤く炎症を起こしてしまうので痛々しいんです。

 

ワンちゃんやネコちゃんと違いウサギには肉球がありません。そのため軽度の摩擦でも毛がすれて抜けやすくなります。

※床材が合っていない

※肥満である

※ずっと同じ姿勢でいる

※生まれつき足裏の毛が薄い

など要因は様々。

 

かりんちゃんはお腹の調子が良くない時に自分で汚れた毛を抜いてしまったことから始まりました。(毛繕いしながらガッツリ抜いちゃいます)

テーピングを巻いての治療に加えてケージを清潔にすること、体重管理をしてあげること、床材の見直しなどが必要です。

痛み止めのお薬が効いて今は割とふさふさですが、またいつ再発するかわかりません。過ごしやすい環境を整えてあげることが飼主の大事な仕事ですね。