関節炎

昨年秋頃から何だか足の具合が良くなくて、レントゲンを撮ったり痛み止めのお薬やサプリメントを飲んだりして様子を見ていましたが、良くも悪くもならず・・・

そこで「CT検査」を受けることに。ボクは診察室が大嫌い。先生にも噛みついちゃいます。だからまた全身麻酔を覚悟していました。が、しかし!!今の医療機器はすごいですね。キャリーケースに入ったままCTが撮れてしまうのです。ボクはキャリー大好きなので中にいれば安心。おとなしく!?すること1時間ほどで結果がでました。なんと「両肩関節炎」右だけじゃなかった( ゚Д゚)

今後は悪化しないように高い所からの飛び降りは控えなくてはなりません。もちろん毎晩の一人運動会やエルモくんとの追いかけっこも。若くてもなるんですね・・・関節炎。原因が何だったのかわかりませんが、今の状態がわかって良かったです。なんかおかしいな?と思ったら早めに獣医さんに診てもらいましょう。

 

【関節炎】

骨と骨の結合部分(関節)を滑らかに動かすために必要な軟骨が、何らかの原因で減少、変形し炎症が起こる。気が付かないままに重症化させることが多い病気。

(治療)完治することはないので、症状が出たら鎮痛剤を投与し痛みや炎症を抑える。人間と同じくコンドロイチンやグルコサミンのネコ用サプリメントの投与を予防や痛みの緩和のために行う。

(予防)肥満を防ぎ運動不足にならないように気を付ける。高い所から飛び降りた際の衝撃を和らげるよう、柔らかい素材の物を敷いておく。