熱中症に気をつけよう

気温が高くなってくると気になる熱中症。先日お散歩に出かける時、アスファルトがとても熱くなっていました。その日の気温はそんなに高くなかったのですが、地面の近くを歩くワンちゃんは暑いですよね。その日は日陰を選んで歩き公園へ。土の上でのお散歩です。

 

~熱中症を予防しましょう~

ワンちゃんネコちゃんも熱中症にかかります。蒸し暑い室内や、車の中でのお留守番、暑い時間帯のお散歩は注意が必要です。

・お部屋では、クーラーを使って温度、湿度を管理し、いつでも十分な水分補給ができるようにお水を置いておきましょう。

・お散歩は、涼しい時間帯に。アスファルトは思った以上に熱くなっています。お散歩前に手で触って確かめてから行くようにすればヤケドも防げますね。濃い毛色の子はTシャツを着用して直射日光を防ぐのも◎

・車の中は夏でなくても温度が上がりやすいので、車内に置いていくのはとても危険です。短時間だし窓も開けてあるから大丈夫・・・とワンちゃんを残した為に悲しいことになってしまったということも実際に起きています。車内にペットだけで待たせるのはやめましょう。

人間の様に発汗で体温調節ができないペットたちは熱中症になりやすいといえます。真夏は勿論ですが4~5月のこの時期は、気温がそれほど高くなくても湿度が高く蒸し暑い日は特に注意が必要です。