寿命30歳!?

最近、東大で猫の腎臓病の治療法が開発され、治療薬を世に出すための研究にたくさんの寄付が集まっていると話題になっています。

実現すればネコちゃんの寿命が30歳くらいになるとか。

最後まで責任をもってお世話をすると考えると、自身が若いうちに飼い始めないといけないなあ・・・なんて。

まあそれは置いておくとして、腎臓病で苦しむネコちゃんがいなくなることは喜ばしいことですよね。

ただ、この薬は予防的に若いうちから投与することになるそうなので、残念ながらたけるくんには縁がなかったか~😭

 

ネコちゃんは体内の水分を効率よく利用するために尿を濃縮して排出します。東大の研究では「猫のAIM(タンパク質)が機能していない」ことがわかり、このため腎臓に負担がかかり、尿石ができやすく泌尿器の病気になりやすいとのこと。

夢の治療薬ができるまでは、水分をしっかり取ってもらい予防しましょう。

ネコちゃんにしっかり水を飲んでもらうために水飲み場を増やしたり、温度を変えてみたり工夫をしてあげると良いですね。どうしても飲む量が少ないなあ・・・という場合はウェットフードを与えるのも有りですよ。